>  > お客さんはそれだけでは許してくれず、結局そのあと4回くらい私ばかり逝かせられました。

お客さんはそれだけでは許してくれず、結局そのあと4回くらい私ばかり逝かせられました。

お客さんは、自分の指を一本、また一本と入れ、おそらく三本入れたところで私のおま○この中を急激に掻き回し始めたんです。おまんこの中でぐるぐるつき動かされるその快感に私は「あいぃぃん!あぁあっ!いぃぃ!いくぅぅぅぅ〜〜!あ!あ!あああぁん」と無心に叫んでいました。痛いのもありましたが、それほどこの強引なプレイが私の脳髄を刺激しまくって、いつしか立場が逆転するほどソープ嬢の私は感じさせられていたんです。私がエクスタシーに逝きかけたところでお客さんは私を自分の上に乗せました。。気が付けばおま○こはヒリヒリ、顔は涙や唾液でぐしゃぐしゃでした。それでもお客さんは構わず私を上に乗せておま○こからズンズンと突き上げました。さっきまでの刺激とは比べものにならないほどの感触が、私の全身を突き抜けていき、私はあっという間に逝き果ててしまいました。でもお客さんはそれだけでは許してくれず、結局そのあと4回くらい私ばかり逝かせられました。

[ 2015-07-20 ]

カテゴリ: ソープ求人体験談